日本テラデータ採用情報

お問い合わせ

HOME < 社員に聞く < K.K(2012年入社)第4事業部長:営業本部

社員に聞く

日本テラデータで活躍している社員の声をお聞きください。

社員インタビュー

K.K (2012年入社)
第4事業部長:営業本部
『テラデータに入社したきっかけは?』
これまで25年間外資のIT系企業で製造業を中心に営業活動を行ってまいりました。リーマンショック以降日本の製造業は苦戦を強いられておりますが、それでも製造業が日本を支えているという思いは今でも変わりません。
日本テラデータであれば、製造業に「ビッグデータ」の価値を広めることで、お客様のビジネスの成長に貢献できる可能性が高いと感じ入社を決意いたしました。
K.K(2012年入社)第4事業部長:営業本部
『テラデータのアカウントセールスの魅力は?』
当社のソリューションは、企業全体のデータを統合し、一元化するものであるため、部署を横断した決定権がある方に対してアプローチをおこなっており、必然的に、IT部門担当者だけではなく、ユーザー部門のトップ、経営陣とのコミュニケーションが増えます。
“価値の高い提案活動ができる”
経営者にとって重要なのは投資対効果。いいシステムを導入し、業務を効率化するといっても響きません。テラデータのデータウェアハウス(DWH)を導入することが、ビジネスにどう変化をもたらすのかを納得していただく。ここが他のITベンダーとは大きく違う点です。この二つが当社のアカウントセールスの最大の魅力だと思っております。
『アカウントセールスとして得られる経験は?』
K.K(2012年入社)第4事業部長:営業本部

すでに述べておりますとおり、当社の営業の特徴は、対象顧客の情報システム部にとどまらず、エンドユーザー、経営層に対してのアプローチが強いことです。
実際に他のIT企業の営業職の方にお話を聞いてみても、このようなアプローチを経験している方は多くはありません。データウェアハウスの専業企業としての歴史と実績を持ち、情報の活用方法を知っている日本テラデータだからこそ、できる経験だと思っております。もちろん、他社にも同様のアプローチ手法をとっている方はいらっしゃると思いますが、当社の営業は“全員”がトップアプローチをしなければならないという環境なのです。このような経験ができる会社は稀有だと思っております。

  • T.K(2012年入社)アカウント営業:営業本部
  • T.K(2012年入社)第4事業部長:営業本部
  • M.K(2011年入社)インダストリーコンサルタント:営業本部
  • H.O(2006年入社)プロジェクト・マネージャ:プロフェッショナル・サービス本部
  • Y.F(2006年入社)システムズ・エンジニア:プロフェッショナル・サービス本部
  • K.M(2006年入社)システムズ・エンジニア:プロフェッショナル・サービス本部
▲ PAGE TOP